腸を元気にする新成分!オリゴ乳酸大辞典

元気の秘訣は、
腸の健康維持にあった!

               

近年、腸内環境を整える成分として注目されている「オリゴ乳酸」。健やかな暮らしをサポートしてくれる働きには、どのようなものがあるのでしょうか?

オリゴ乳酸の研究・製造をしている株式会社GLART代表取締役・山口博氏監修のもと、知られざる効果や研究データを詳しく解説します!

オリゴ乳酸とは?

腸内環境のバランスを助けて、健康へと導く成分

オリゴ乳酸
引用元:株式会社GLART
(http://www.glart.co.jp/lac/about/)

オリゴ乳酸は、乳酸菌が生み出す物質である乳酸を、濃縮粉末加工して生まれた成分。近年の研究によって、オリゴ乳酸には腸内環境を整える力があることが分かりました。

腸は、消化や吸収、解毒、浄血、排泄など、さまざまな役割を持つ重要な器官。健康を維持するためには、腸内環境を整えることが大切です。

オリゴ乳酸は、腸内を酸性に導き、善玉菌を増やすことで腸の健康をサポートします。乳酸はもともと体内にある物質なので副作用が出ないことからも、注目されている成分なのです。

オリゴ乳酸誕生のきっかけ

1992年頃から始まったオリゴ乳酸の研究は、がん細胞の培養研究がきっかけでした。

腫瘍を抑える作用を乳酸の中に見つけたことから、抗がん剤に活用する目的のために、株式会社GLARTと株式会社グレインがオリゴ乳酸の研究をスタート。研究を進める中でさまざまな働きが確認されるようになりました。

【監修者】オリゴ乳酸研究の第一人者

監修者・山口博さん

株式会社GLARTの代表取締役、山口博氏。

GLARTは、神奈川県大和市に本社・研究所があります。抗がん剤の研究開発からスタートしましたが、現在はオリゴ乳酸(LAC)の研究開発・製造、健康食品のOEM加工(顆粒化、打錠、フリーズドライなど)を手掛けています。

オリゴ乳酸の働きとは?

注目の新成分、オリゴ乳酸はどのような働きをするのでしょうか。知られざる効果を紹介します。

健やかな血流を助ける

注射器

オリゴ乳酸の三大作用のひとつとして挙げられるのが、「血行をサポートする作用」。オリゴ乳酸を摂取している人は血液量の流れが増量していると研究によってわかっており、血流を改善することで細胞の機能活性化や体温上昇による代謝・免疫力アップにつながります。

たとえばホルモンバランスの乱れが気になる方や腰痛や肩こりに悩む方は、オリゴ乳酸で血流改善を図ると良いでしょう。

便通サポート

女性のお腹

便秘の状態が続くと、肌荒れを起こしたり病気につながってしまう可能性があります。便秘解消には腸内環境の改善が大切。オリゴ乳酸は腸内を酸性に保つ働きをもっており、腸内の乳酸菌を増殖させます。腸内の乳酸菌が増えることで腸内環境が改善され、便秘解消が期待できます。「朝お腹がスッキリしない」「お腹の調子が気になる」といった方は、オリゴ乳酸の摂取がおすすめです。

血糖値の上昇を緩やかにする

注射器

血糖値の上昇は糖尿病などの病気を引き起こします。オリゴ乳酸には食後の血糖値上昇を抑制働きがあり、その効果を実証している研究もあります。ここでは、オリゴ乳酸が高血糖を予防する仕組みについて紹介しています。現代の日本では5人に1人は高血糖だといわれていますから、ぜひオリゴ乳酸を摂取して高血糖の予防に役立てましょう。

感染症の予防

薬

感染症を予防する効果はオリゴ乳酸にも期待されています。実際にピロリ菌やO-157を対象にした研究ではオリゴ乳酸による感染予防効果が確認されており、胃潰瘍改善や食中毒症状の軽減につながります。ここでは、ピロリ菌とO-157を対象にしたオリゴ乳酸の働きについて紹介します。

エイジングケア

肌の調子がいい女性

加齢によって肌の不調に悩む方は多いものですが、エイジングケアと腸内環境は大きく関係しています。年を重ねると腸内細菌のバランスに変化が起こり、悪玉菌が増加。しかしオリゴ乳酸の働きによって腸内環境が改善されると善玉菌が増えるため、若々しさを保つことにつながるのです。ここでは、オリゴ乳酸とエイジングケアの関係について紹介します。

風邪予防

薬

風邪を引きやすい、風邪の症状が悪化しやすいという人は、免疫力が低下している可能性があります。風邪を引きにくい体になるためには免疫力アップが大切ですが、オリゴ乳酸には「腸内環境の改善」や「血流サポート」といった働きがあり、免疫力アップに役立つのです。ここでは、オリゴ乳酸が風邪予防に効果的な仕組みについて解説します。

アレルギー症状の予防

かゆみに悩まされている女性

特定の食べ物や動物、ほこりなどのアレルギー症状は、過剰な免疫システムの働きによって引き超されます。くしゃみやかゆみといったアレルギー症状は辛いものですが、オリゴ乳酸はアレルギー症状の予防にも効果的。オリゴ乳酸によって腸内環境が改善されると免疫バランスが整えられるため、アレルギー症状の予防につながります。

妊活サポート

妊婦さん

妊娠するためには卵子と精子が活性化されることが大切。そして卵子や精子の細胞を活性化させるためには、細胞内にある「ミトコンドリア」の働きが重要です。ミトコンドリアは卵子や精子などの細胞の中に存在し、エネルギーをつくりだします。オリゴ乳酸にはミトコンドリアの働きをサポートする力がありますので、妊活中の方におすすめです。

ダイエットサポート

ダイエット

一定の年齢を過ぎると、体型が気になる…という方も多いはず。そのためには生活習慣の見直しや適度な運動を行う必要がありますが、腸内環境を整えることも重要です。腸内環境が悪いと便通も不規則になり、痩せにくい体になってしまいます。オリゴ乳酸には腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあるので、メタボリックシンドロームの改善・予防に取り入れてみるのもおすすめです。

肩こり・腰痛の予防

腰痛持ちの男性

デスクワークなどによる肩こりや腰痛は、現代人に起こりがちな悩み。揉んだり湿布を貼ったり、症状改善のための運動をしたりといった対処をする方も多いでしょう。肩こりや腰痛の改善・予防サポートとしてもオリゴ乳酸の摂取がおすすめです。腸内環境を整えたり血流を改善する効果が期待できるので、体内の血流をもとに戻し、こわばっていた筋肉をほぐれやすくする手助けをしてくれるでしょう。

肌荒れの予防

肌のケアをしている女性

肌荒れを予防するためには丁寧なスキンケアや生活習慣の改善が必要ですが、腸内環境を整えることも大切です。とくに便秘気味の方は要注意。便通が改善されれば肌のターンオーバー正常化につながります。オリゴ乳酸には腸内環境の改善だけでなく、血流を改善させる働きもあります。老廃物を排出しやすい環境を整えてくれるため、肌のブツブツなどのトラブルにも効果が期待できます。

花粉症の予防

花粉

年々発症する人が増えている花粉症。くしゃみや目のかゆみ、のどのイガイガ感などの不快症状は免疫機能が過剰に働くことが原因です。近年では大人だけではなく子どもも発症しているようです。花粉症はアレルゲンである花粉を取り込むことで過剰反応している状態なので、まずは体の免疫機能を正常に働かせることが大切。免疫機能は腸内環境に大きく関係しているため、善玉菌を増やして腸内環境を整えるオリゴ乳酸の摂取がおすすめです。

更年期障害の予防

頭痛に悩まされている女性

頭痛や肩こり、ほてり、イライラなどが起こる更年期障害。原因がわからないことが多く、対処方法も限られるなどやっかいな症状といえます。更年期障害にはホルモンが大きく関係していますが、腸内環境を整えることでホルモンバランスが正常化するケースも。ホルモンが運ばれやすくなるほか、腸本来の機能である効率よく栄養を吸収する力も高まります。ここではオリゴ乳酸と更年期障害の予防について紹介しています。

免疫力への働き

免疫力が低下する原因では睡眠不足や偏食、ストレスなどがあります。免疫力アップには生活習慣の改善が必須ですが、腸内環境を整えることも効果的。実は腸での免疫力は体の60%を占めるといわれており、体の免疫力アップのために無視できない存在です。腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やしてくれるオリゴ乳酸の摂取がおすすめ。免疫力とオリゴ乳酸の腸内環境を整え、免疫力アップを目指しましょう。

オリゴ乳酸の安全性

オリゴ乳酸は、小さい子供から高齢者まで、安心して口にできる成分です。これまで副作用の報告もなく、たとえ過剰摂取してしまったとしても、多すぎる摂取分は体外に排出されるので問題ありません。

また、ラットを用いた単回経口投与毒性試験、3か月間におよぶ経口投与による反復投与毒性試験、細菌を用いた復帰突然異変試験などでも、オリゴ乳酸の安全性は確認されています。

オリゴ糖・乳酸・乳酸菌とは違うの?

オリゴ乳酸とは、植物由来の物質から作られているL型発酵乳酸を、特殊技術で低分子に濃縮し、パウダー化したものです。このオリゴ乳酸とよく混同されがちなのが、オリゴ糖・乳酸・乳酸菌です。

オリゴ糖との違い

オリゴ糖は、たくさんの糖の分子が結合した糖類です。腸に届くと善玉菌などのエサとなり、腸の調子を整えます。効果を得るにはある程度の量が必要ですが、糖なのでカロリーオーバーが心配なところ…。さらに、分解されて単糖になると、悪玉菌のエサにもなってしまいます。

乳酸との違い

乳酸は乳酸菌が生成する物質で、炭素原子が結びついてできた有機化合物。血液中でエネルギー源になると言われており、オリゴ乳酸とは働きが異なります。

乳酸菌との違い

乳酸菌は微生物で、腸で働く善玉菌の一種です。ヨーグルトなどで摂取することはできても、ほとんどが胃酸で死滅するため、腸まで届けるのが大変なのが難点。しかも、腸まで届いても必ずしも住みついてくれるわけではないので、自分の体質にぴったりの菌を探すのは難しいと言われています。

オリゴ乳酸は、もともと体内に存在する乳酸を濃縮してできた成分なので、副作用が出ないことが特徴。胃酸や消化液の影響を受けずに腸に届いて、乳酸菌を増やしたりエネルギーとして活用されたりと、使い勝手もいい物質なのです。

オリゴ乳酸ができるまで

オリゴ乳酸は、トウモロコシやサトウダイコンなどが原料になっています。

オリゴ乳酸の製造の流れ
引用元:株式会社グレイン(http://www.grain.co.jp/lac/)

  1. トウモロコシやサトウダイコンに含まれる天然糖類を乳酸菌で抽出精製(L型発酵乳酸)
  2. L型発酵乳酸を脱水縮合
  3. 粉末加工

オリゴ乳酸は、複数の乳酸分子が一列につながっているもので、大体3~22個程度つながっている状態。直鎖状にあることで、さまざまな働きができるものとなっているのです。

オリゴ乳酸は、トウモロコシやサトウダイコンなどを原料としています。天然の植物がもつ糖類に乳酸菌を加えることで、体にやさしい自然由来のオリゴ乳酸ができあがります。

参考: オリゴ乳酸の製造の流れ_株式会社グレイン

  1. トウモロコシやサトウダイコンに含まれる天然糖類を乳酸菌で抽出精製(L型発酵乳酸)
  2. L型発酵乳酸を脱水縮合
  3. 粉末加工

オリゴ乳酸の製造では、トウモロコシやサトウダイコンに含まれる天然の糖類に乳酸菌を加えて発酵させ、そこから抽出精製してできたものが「L型発酵乳酸」となります。

抽出精製して得られたL型発酵乳酸を、特殊製法によって脱水縮合します。オリゴ乳酸は通常、加熱処理をして得られた透明な液体を冷やすと固形になってしまいます。そのため、貝殻粉末など安全性の高い助剤を加えて、スプレードライ法で乾燥粉末にすることで、オリゴ乳酸の製品が完成します。

オリゴ乳酸は、複数の乳酸分子が一列につながっているもので、大体3~22個程度つながっている状態。直鎖状にあることで、さまざまな働きができるものとなっています。

オリゴ乳酸の代表的な働きとしては、腸内環境の改善が挙げられます。腸内に届いて善玉菌が活躍しやすい環境に改善し、便秘や免疫力の改善を図ります。

腸の状態が改善してくると、生活習慣病の予防やアレルギー体質の改善にも役立つため、身近な病気や体の不調にも備えることが可能に。

食生活や生活習慣の乱れは、慢性的な不調や病気にもつながっていきます。腸から体を元気にしてくれるオリゴ乳酸は、まさに現代人に欠かせない健康食品素材のひとつと言えるでしょう。

オリゴ乳酸を
研究している会社

神奈川県大和市にある株式会社グレインは、オリゴ乳酸(ラック)製品の総発売元であり、健康食品の企画・製造・販売、サプリメント・化粧品・輸出入もおこなっています。

オリゴ乳酸の研究・販売については20年以上の実績があり、国内外へサプリメント企画提案・OEMを行っていることからも、その信頼性は高い会社です。

製品は合成着色料・保存料などは不使用。誰でも安心して口にできるように作られています。健康補助食品GMPの認証取得工場で製造し、全商品を厳格に検査しているという徹底した管理体制を構築しています。

オリゴ乳酸研究の
会社グレインの
公式HPを見る

       お腹の写真    

腸を善玉菌が増えやすい酸性に導き、腸内環境を整えるオリゴ乳酸。近年、新たな腸活成分として注目を浴びています。オリゴ乳酸研究の第一人者・山口博氏監修のもと、その働きをまとめました。

   

オリゴ乳酸
の働きとは