腸を元気にする新成分!オリゴ乳酸大辞典 » オリゴ乳酸の知られざる効果とは? » 便通サポート

便通サポート

監修者・山口博さん

オリゴ乳酸には、腸内環境を整える力があります。善玉菌が住みやすい状態に整えて乳酸菌などの活動を活性化させることで、便通をサポートしてくれるのです。

オリゴ乳酸の便秘解消をサポートする力を示す根拠と、名前が似ている成分・オリゴ糖や乳酸との違いについて、株式会社GLART代表取締役・山口博氏監修のもと解説します。

株式会社GLART
代表取締役 山口博氏

オリゴ乳酸の研究・開発を行っている株式会社GLARTの代表取締役。オリゴ乳酸研究の第一人者として、当サイトを監修しています。

オリゴ乳酸は
こんな人におすすめ

オリゴ乳酸には、善玉菌を住みやすい状態にして乳酸菌などを増やし、腸内環境を整えていく働きが期待できます。ですから、腸内環境の状態が気になる人におすすめ。腸内環境が悪く便が溜まってしまうと、そこから発生した毒素によってお肌にも悪影響を与えていきます。腸内環境を整えることは、便通サポートだけでなく、美肌を目指すことにもつながるのです。

オリゴ乳酸が便秘解消サポートに良い仕組み

オリゴ乳酸を使った実験では、腸内の乳酸菌が増えたという結果が出ています。

腸内の乳酸菌を増やして環境改善をサポート

腸内環境を改善させるためには、腸内の乳酸菌を増やすことが必要不可欠。乳酸菌は、腸内が酸性になると増えます。オリゴ乳酸は腸内を酸性にキープする働きがあるので、入ってきた乳酸菌を増殖させて、腸内を善玉菌優勢にすることができるのです。

ラットを使った試験でも、そのことが証明されています。

オリゴ乳酸投与による腸内乳酸菌数の変化
引用元:LAC DataBase(https://www.e-expo.net/contents/c/com01/page02.html)

ラットを2つのグループに分けて行われた実験。1つは5mgの低用量、もう1つは25mgの高用量のグループです。ラットに4週間、オリゴ乳酸を経口投与して腸内の乳酸菌数を測ったところ、乳酸菌の数が2~3倍に。オリゴ乳酸は腸内を酸性に導くことで、固有の善玉菌を増やしていると考えられています。[注1]

二重盲検比較試験でわかった排便の回数増加と量

オリゴ乳酸が便秘の状態の体に対してどのような働きかけをするのかを、二重盲検比較試験で調査した結果もあります。期間は2週間。健康な女性22名に対して、オリゴ乳酸(LAC)非摂食期間およびオリゴ乳酸(LAC)非摂食期間の排便回数と量を比較しました。

オリゴ乳酸を摂っていない期間と摂った期間の排便回数/量の比較
引用元:LAC DataBase(https://www.e-expo.net/contents/c/com01/page03.html)

平均排便回数は、オリゴ乳酸を摂取する前よりもあきらかに増加。その量も増えていることがグラフからわかります。[注2]

さらに、健康な女性200名に対して、オリゴ乳酸(LAC)を1日300ml、28日間にわたって摂取してもらい、その便秘の変化を測定した結果も。

オリゴ乳酸による便秘傾向の変化
引用元:LAC DataBase(https://www.e-expo.net/contents/c/com01/page03.html)

その結果、便秘傾向が山のようなグラフになっていたのが減少傾向に。オリゴ乳酸を摂取したことによって便秘が減少したことがわかったのです。[注3]

オリゴ乳酸を摂る方法を調べる

便通サポートにおいて力を発揮をするオリゴ乳酸。その正式名称はオリゴ乳酸LAC(ラック)といい、Lactic Acid=乳酸がCondense=濃縮されている状態を指しています。オリゴ乳酸LACの摂り方や製造工程について知りたい方は、ぜひクリックしてみてください。

オリゴ乳酸(LAC)の
摂り方を検索する

腸内環境の悪化が
引き起こす病気

腸内で作り出された有害物質が健康状態を悪化させていくことを、サンフランシスコ大学医学部の研究チームが発表しています。この研究報告が、脂肪分が多く食物繊維が不足している食事で便秘がちな女性は乳がんになりやすい…といった学説の根拠にもなっています。

実際に、育児中の女性1,481名の健康状態を調べたところ、ひどい便秘に悩まされている人ほど、乳汁に異常細胞が含まれていることがわかりました。この細胞は乳がんを発症した女性にもみられることからも、便秘がちな女性ほどがん発症率が高くなると考えられています。

ほかにも、毎日1回の排便がある女性に比べて、1週間に3回以下の女性のほうが細胞異常の数が多く、その差は約5倍といった研究データも。便秘が長引くほど腸内環境が悪くなり、それが全身に影響していくのです。

便通における
オリゴ糖・乳酸菌・オリゴ乳酸の違い

名前が似ていることから、オリゴ乳酸と混同されがちなオリゴ糖と乳酸菌。どちらも便秘解消のサポートをする働きがあることはオリゴ乳酸と同じですが、何が違うのでしょうか。

オリゴ糖は善玉菌のエサとなるもの

ひとくちに「オリゴ糖」といっても、その種類はさまざまです。便通サポートの効果が期待できるのは、その中でも難消化性のもの。小腸で吸収されないオリゴ糖は、大腸まで運ばれて善玉菌のエサとなります。しかし、体質や量によっては下痢や腹痛などの副作用を起こす恐れがあるので、摂りすぎには注意しましょう。

腸で働く乳酸菌は、生きたまま腸に届きにくい

乳酸菌はその名からわかる通り、腸内細菌の一種であり生き物です。善玉菌やビフィズス菌などの糖質から乳酸を作る菌すべてを言い、自然界のいろんなところに存在しています。

乳酸菌はヨーグルトなどで外部から体内に取り入れることができますが、胃酸で死滅してしまうのがほとんど。かろうじて生きたまま腸に届いても、今度は住み着くのが難しいと言われています。しかも、体質に合う善玉菌の種類は人によって異なるため、必ずしも取り入れた生菌にとって居心地がいい…つまり、その腸内環境に適しているのかどうかはわからないのです。

オリゴ乳酸は善玉菌が増えやすい腸に整える

固有の善玉菌を増やして腸内環境を改善させることを「プレバイオティクス」と言います。オリゴ乳酸もそのひとつ。善玉菌が増えやすい酸性の腸内環境に導いて、その人がもともと持っている善玉菌などを増やす働きがあります。乳酸は体内にも存在する成分なので、副作用が出ないこともメリット。効率的に腸内環境を整えることができるのです。

オリゴ乳酸の研究をしている会社とは?

オリゴ乳酸(ラック)の研究・販売をしているのは、株式会社グレイン。独自素材のオリゴ乳酸をはじめ、健康食品の企画・製造・販売、サプリメント・化粧品の輸出入などをおこなっています。

製品の安心を第一に、原料の選定から製造、出荷までおこない、品質を徹底管理。安全性にこだわって健康を追い求めている企業です。

グレインの公式HPで
企業情報を見る

参考サイト・参考文献

       お腹の写真    

腸を善玉菌が増えやすい酸性に導き、腸内環境を整えるオリゴ乳酸。近年、新たな腸活成分として注目を浴びています。オリゴ乳酸研究の第一人者・山口博氏監修のもと、その働きをまとめました。

   

オリゴ乳酸
の働きとは