腸を元気にする新成分!オリゴ乳酸大辞典 » オリゴ乳酸の知られざる効果とは? » 花粉症の予防

花粉症の予防

監修者・山口博さん

春や秋につらくなる花粉症。

オリゴ乳酸が持つ善玉菌をサポートする力と免疫バランスを整える力が、花粉症のような困ったアレルギー症状を予防すると考えられています。

オリゴ乳酸による花粉症予防について、株式会社GLART代表取締役・山口博氏監修のもと解説します。

株式会社GLART
代表取締役 山口博氏

オリゴ乳酸の研究・開発を行っている株式会社GLARTの代表取締役。オリゴ乳酸研究の第一人者として、当サイトを監修しています。

オリゴ乳酸は
こんな人におすすめ

今や日本人の約25%が花粉症といわれる現代[注1]。花粉症を引き起こす原因はひとつではないので、花粉症が気になる人以外にもおすすめです。

オリゴ乳酸が花粉症を
予防する仕組み

そもそも花粉症の原因とは?

花粉症の原因は、免疫が過剰に働くこと。体内に花粉(アレルゲン)などの異物が侵入すると、それを体外に排出しようとします。この働きが過剰になると、くしゃみや鼻水、目のかゆみといったトラブルが起きるのです。

近年、花粉症の人が増えている原因はさまざま。花粉を出すスギの木が増えたこと、気密性の高い家が広まってダニやハウスダストが増えたこと、高たんぱくな食事が増えたことなどです。

オリゴ乳酸はどう働くの?

オリゴ乳酸は、腸内環境を整える働きをします。実はその腸内環境を整えることが、花粉症予防のカギ

人の免疫システムの60%は腸にあるため、腸内で悪玉菌が増えると免疫システムが正常に働かなくなります。免疫システムのバランスが崩れることで、花粉に過剰に反応し、困った症状を引き起こすのです。

腸の調子を整えて免疫システムのバランスを保つには、善玉菌を増やすことが大切。オリゴ乳酸には、善玉菌として働く乳酸菌を増やす働きがあることが実験でもわかっています。

以下は、ラットを3つのグループに分け、1つめには5mgのオリゴ乳酸、2つめには25mgのオリゴ乳酸、3つめにはプラセボを投与した実験のデータです。[注2]

オリゴ乳酸投与による腸内乳酸菌数の変化
引用元:LAC DataBase(https://www.e-expo.net/contents/c/com01/page02.html)

4週間後に腸内の乳酸菌数を測ったところ、5mg投与したグループは乳酸菌の数が約2倍、25mg投与したグループは約3倍になっていました。

オリゴ乳酸を摂る方法を調べる

花粉症の予防において力を発揮をするオリゴ乳酸。その正式名称はオリゴ乳酸LAC(ラック)といい、Lactic Acid=乳酸がCondense=濃縮されている状態を指しています。オリゴ乳酸LACの摂り方や製造工程について知りたい方は、ぜひクリックしてみてください。

オリゴ乳酸(LAC)の
摂り方を検索する

花粉症における
オリゴ糖・乳酸菌・オリゴ乳酸の違い

オリゴ乳酸と名前が似ている成分、オリゴ糖と乳酸菌。どちらも腸内環境を整える成分として有名です。

オリゴ糖は腸に届いて善玉菌のエサになる成分

オリゴ糖は、大腸まで届いて善玉菌などのエサとなり、腸の調子を整えます。しかし、体質に合わなかったり過剰摂取したりすると、下痢・腹痛などの副作用が起きる恐れも…。最初は少量ずつ、様子を見て摂り入れる必要があります。

乳酸菌は腸内で働く善玉菌の一種

乳酸菌は、腸で働く善玉菌です。同じく腸内環境を整えるものですが、胃酸や消化液の影響を受けるため、腸まで届きにくいことが難点。届いたとしても、自分の腸に合わない場合もあります。

オリゴ乳酸は腸を酸性に導いて善玉菌を増やす

オリゴ乳酸は、体内にも存在する乳酸を加工して生まれた成分なので、副作用の心配はありません。濃縮して粉末状になっているため、少量で腸まで届き、腸内を善玉菌が増えやすい酸性に導く働きがあります。腸内環境を整えるには最適な成分だといえるでしょう。

オリゴ乳酸の研究をしている会社とは?

オリゴ乳酸(ラック)の研究・販売をしているのは、株式会社グレイン。独自素材のオリゴ乳酸をはじめ、健康食品の企画・製造・販売、サプリメント・化粧品の輸出入などをおこなっています。

製品の安心を第一に、原料の選定から製造、出荷までおこない、品質を徹底管理。安全性にこだわって健康を追い求めている企業です。

グレインの公式HPで
企業情報を見る

参考サイト・参考文献

       お腹の写真    

腸を善玉菌が増えやすい酸性に導き、腸内環境を整えるオリゴ乳酸。近年、新たな腸活成分として注目を浴びています。オリゴ乳酸研究の第一人者・山口博氏監修のもと、その働きをまとめました。

   

オリゴ乳酸
の働きとは