腸を元気にする新成分!オリゴ乳酸大辞典 » オリゴ乳酸の知られざる効果とは? » ミトコンドリアの活性化促進

ミトコンドリアの活性化促進

オリゴ乳酸といえば、腸内を整えるために注目されてきました。しかし、オリゴ乳酸の研究から、ミトコンドリアの活性化させる効果も期待できるとわかってきたのです。ここでは、ミトコンドリアとオリゴ乳酸の関係について紹介していきます。

オリゴ乳酸の研究でミトコンドリアの活性化と関係があることが判明

オリゴ乳酸の研究が日々進められる中で、オリゴ乳酸がミトコンドリアを活性化させる効果が期待できるとわかってきました。ミトコンドリアが活性化することでエネルギー代謝が良くなるとされており、健康な体を維持しやすくなります。オリゴ乳酸を積極的にとり、ミトコンドリアの活性化に役立てましょう。

研究では、オリゴ乳酸を使ったミトコンドリアの活性試験[注1]で血中のコエンザイムQ10やCOQHの量が増加したことが報告されています。また、摂取する期間に応じて濃度が変わったというデータも。

他の分野でもミトコンドリアの活性化は注目されています。卵子の成長や精子の働きには、ミトコンドリアでつくられるエネルギーが欠かせないもの。エネルギーの産生が増えていけば、不妊治療のサポートとしても役立つかもしれません。

ミトコンドリアってなに?どんな働きがあるの?

ミトコンドリアは細胞小器官の1つで、エネルギーをつくりだす働きをしている器官です。外膜と内膜の2つで構成されており、内幕で囲まれた領域には独自のDNAが組み込まれています。ミトコンドリアの主な役目は、食べものを分解するときに、体を動かすエネルギーをつくりだすことです。

細胞質でつくられるエネルギーに比べてミトコンドリアからのエネルギーはかなり代謝が良く、ピルビン酸やケトン体といったエネルギーのもとが無駄なくエネルギーになります。つまり、ミトコンドリアの代謝が、健康のカギを握っていると言っても過言ではありません。

一説ではミトコンドリアの代謝が悪くなると、細胞死の引き金となる要素が出てしまうとされているほどです。そのため、研究者の間では、ミトコンドリアの活性化の研究が進められています。

参照元

[注1]ミトコンドリア機能活性 | 健康食品OEM/オリゴ乳酸/株式会社グレイン

       お腹の写真    

腸を善玉菌が増えやすい酸性に導き、腸内環境を整えるオリゴ乳酸。近年、新たな腸活成分として注目を浴びています。オリゴ乳酸研究の第一人者・山口博氏監修のもと、その働きをまとめました。

   

オリゴ乳酸
の働きとは