腸を元気にする新成分!オリゴ乳酸大辞典 » 【特集】腸内環境を整える方法 » プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスとは

主に腸内環境を改善することで私たちの健康に役立つ微生物をプロバイオティクスといいます。これらはからだ本来の力を高める手助けになると考えられており、健康維持のために役立つといわれるものです。

プロバイオティクスは以下の条件を満たす必要があります。

  1. 安全である
  2. ヒトの腸内フローラを構成する細菌である
  3. 生きたまま腸に到達する/腸内で増殖できる
  4. ヒトに対して明らかに有用かつ、食品などの形で有効な菌数を維持できる
  5. 取り扱いやすく安価である

効果として腸内フローラの改善による便秘や下痢などの解消、免疫機能の向上による感染リスクの低減やアレルギーの症状抑制などが挙げられます。

プロバイオティクスの種類でよく知られているものは、乳酸菌やビフィズス菌です。プロバイオティクスの代表的な食品としては、ヨーグルト、納豆などが挙げられます。

プレバイオティクスとは

プレバイオティクスは有用な腸内細菌の餌となる食品成分のことをいいます。腸内に住んでいる善玉菌を増やす作用に加え、以下の条件を満たすものがプレバイオティクスと認められます。

  1. 消化管上部で分解、吸収されない
  2. 大腸に共生するビフィズス菌などの栄養源となり、それらの増殖を促進する
  3. 腸内フローラを健康的な構成に改善できる
  4. ヒトの健康に対し有益に作用する

効果としては、乳酸菌・ビフィズス菌を増やすサポート、腸内環境を整える、ミネラルの吸収を促進する、炎症性の腸疾患を緩和もしくは予防するといったはたらきがあります。

野菜や果物、豆類、きのこ類など、オリゴ糖類や食物繊維を含む食品がプレバイオティクスとして活用されており、最近では優れた機能を持つ成分としてオリゴ乳酸が開発されています。

プロバイオティクスとプレバイオティクスの違い

似たような言葉で混同されがちなプロバイオティクスとプレバイオティクス。それぞれの違いを簡単に説明すると、プロバイオティクスは「生きた善玉菌」であるのに対しプレバイオティクスは「善玉菌のエサ」です。

単体で摂っても効果は十分に発揮されないため、両者を組み合わせることにより効率よく腸内を活性化させることができます。

両方の作用を併せ持つ「シンバイオティクス」

シンバイオティクスはプロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせたものです。両方の作用を併せ持ち、より効果的に腸内環境を改善、健康増進に役立つと考えられています。

医療現場では、病気の感染リスク低減や炎症を抑えるためなどにシンバイオティクスが応用されており、一般的にも比較的簡単に実践できるアプローチ法として用いられているようです。

       お腹の写真    

腸を善玉菌が増えやすい酸性に導き、腸内環境を整えるオリゴ乳酸。近年、新たな腸活成分として注目を浴びています。オリゴ乳酸研究の第一人者・山口博氏監修のもと、その働きをまとめました。

   

オリゴ乳酸
の働きとは