腸を元気にする新成分!オリゴ乳酸大辞典 » そもそもオリゴ乳酸とは? » 乳酸とオリゴ乳酸の違い

乳酸とオリゴ乳酸の違い

オリゴ乳酸と聞くと、「乳酸の仲間かなにか?」と思い浮かべるでしょう。同じ乳酸であることは変わりませんが、それぞれ出来ることは少し異なります。

ここでは、乳酸とオリゴ乳酸の違いについて紹介します。

乳酸とは

まずは、乳酸の特徴と働きについて見てみましょう。

腸内環境を整えてくれる生成物

乳酸は乳酸菌が糖を分解する時に発生する生成物です。腸内の弱酸性を保つ働きをしており、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。悪玉菌を抑えてくれるため、腸内環境の改善に役立つと考えられています。

ただ、乳酸そのものを増やすことはできないため、乳酸をつくり出す乳酸菌を増やすという前準備が必要です。

スポーツでよく聞く「乳酸が溜まっている」とは?

よくスポーツで体を動かしたときに「乳酸が溜まっている」という表現を聞くと思います。そのため、乳酸=疲労物質と、とらえている人が多いでしょう。

しかし、実はまったくの逆で疲労物質ではなく、疲労を改善する役割を持っているのです。

昔の研究で、スポーツで体を動かした後に乳酸が増えていることから疲労物質だと考えられました。その後の研究によって、乳酸は糖を分解してエネルギーに変換してくれる働きを持つため、筋肉をたくさん使うと自然と回復のために乳酸が集まってくるのです。なので、乳酸は悪者というイメージは正しくないと言えるでしょう。

オリゴ乳酸とは

次に、オリゴ乳酸の特徴と働きについて紹介します。

乳酸が連結してつながった成分

オリゴ乳酸は乳酸がいくつか繋がり、連結した形になっている成分です。

ただ、繋がっているだけなら効果は乳酸と変わらないんじゃ…?と考えてしまいますが、実はこの連結が重要。なぜなら、連結することで乳酸を直接摂取できるようになるためです。

乳酸を増やすには乳酸菌を腸内に定着させることから始まります。乳酸菌は摂取することで一時的に増やすことはできますが、腸内に定着することはなかなか難しいもの。乳酸菌が定着しなかった場合は乳酸が作られることもありません。

しかし、乳酸が連結したオリゴ乳酸なら、そのまま摂取できることが分かったのです。そのため、オリゴ乳酸は乳酸菌の定着・増殖を待たなくても、直接腸内改善に繋がる成分と言えます。

また、腸内環境の改善だけでなく、血流の改善や風邪予防にも効果が期待できると研究結果が出ています。

ガン治療薬の研究で偶然生まれた成分

オリゴ乳酸は、ガンの治療薬の研究で偶然に生まれた成分です。

ガン細胞を培養して研究をしている最中、培養液の中にオリゴ乳酸の存在を発見。調査してみると、簡単に製造できる構造だったため、製品化のために研究が進んだようです。

サトウダイコンやトウモロコシといった原料から生成したL型乳酸に、貝カルシウムなどを加えて加熱・乾燥させる工程で、乳酸が結合し生成できます。

簡単に作れるというのも、乳酸との大きな違いと言えそうです。

乳酸とオリゴ乳酸が持つそれぞれの効果

乳酸

乳酸が持つ効果で代表的なものは、腸内を弱酸性に保ち、酸性環境の苦手な悪玉菌を減らしてくれる点です。

また、スポーツによる体の疲労を回復する効果も期待できます。

オリゴ乳酸

腸内改善と血流改善の効果があります。

元々は同じ乳酸なので、腸内改善の効果は乳酸と同じように期待できるでしょう。

血流改善に関しては、オリゴ乳酸の臨床試験により判明されました。20~64歳の男女15名ににオリゴ乳酸を摂取してもらった際、摂取前と摂取後で大きく血流の改善が見られたようです。

実験結果から、オリゴ乳酸には血流の改善効果もあると言えます。

また、腸内改善と血流を助ける効果があることから、免疫力と体温を正常に保つことにつながり風邪の予防も期待されています。

乳酸とオリゴ乳酸にはどんな関係性があるのか?

同じ乳酸ではあるので、カテゴライズするなら乳酸とオリゴ乳酸は近い成分と言えます。

ただ、それぞれの成分が出来るまでの工程、期待できる効果、製品化のしやすさがまったく異なるもの。

例えるなら、哺乳類としては同じだけれど、生きる場所や暮らし方は全く異なるくじらと人間くらいの関係です。

種別としては同じでも、働きや効果を気にするのであれば、全く違う成分として認識しておくと良いでしょう。

まとめ:オリゴ乳酸と乳酸の違い

       お腹の写真    

腸を善玉菌が増えやすい酸性に導き、腸内環境を整えるオリゴ乳酸。近年、新たな腸活成分として注目を浴びています。オリゴ乳酸研究の第一人者・山口博氏監修のもと、その働きをまとめました。

   

オリゴ乳酸
の働きとは